FC2ブログ
E小説(中出し・孕ませ・時間停止・催眠・環境変化など)
エロ小説のサイトですので18歳未満の方はお帰りください。傾向はマニア向け、作品中のほぼ100%中だし妊娠描写、付属性として時間停止・催眠・環境変化などです。
「夜更けの侵入者」後編
 吉井亜矢を妊娠させると誓った民夫は、こそ泥を続けながらもパンツに射精、バイブに射精、トイレの紙やビデの入り口に精液を仕込むなど、ありとあらゆることをやってみたが、運良くというか民夫にとっては運悪く、行動を始めてから亜矢の第一回目の生理がきてしまった。もちろん、そのタンポンにも民夫の精子は付着しているのだが、これも望み薄であろう。少々危険はともなうが、これは直接的な行動にでるしかないと、民夫は決心をかためた。もちろん、亜矢のEカップを嬲りたいという思いもある。欲望の赴くままにあの肢体を弄ぶ、そう考えただけでも民夫の粗末なものは屹立するのだった。
 しかし、超能力が使えるわけでも、薬に長けているわけでもない。睡眠薬を使ってとも考えたが、実際の睡眠薬というのはお話でいうほど都合のいいものではないのだ。一応こういうとき民夫はそれを検討はしてみるのだが今回も、用法も分からずそういうものを使うのは危険だと判断した。相手にすこしでも不審を与えたら民夫の美学に反する。彼が頼るべきは、家宅侵入のプロとしての力量だけだ。
 室内を徹底的に調査した結果、大胆にも民夫はベットの下に隠れることを考え付いた。まともなベットというものは、寝心地を良くするためにかならず床から浮かせている。金持ちの娘の亜矢のベットも、当然そういったもので下のスペースは十分とはいわないまでも民夫が隠れられるスペースが確保できる。とても、快適とは言い難いが幾夜ものときを息を殺して彼はそこでチャンスを待ち続けた。「妊娠させたい」という思いは、もはや恋にちかいものになっており、それが達成されるまで仕事も一時休む覚悟で打ち込んでいた。

 おりしも、夏の暑さが徐々に増してくる初夏である。吉井亜矢は、タオルケット一枚かけて下着だけを着けて寝るようになっていた。健康指向なのか苦手なのか、一応部屋にクーラーで除湿だけついているのだが扇風機をかけて寝ることが多い。寝相が悪いうえに、暑いのでタオルケットは蹴飛ばすは、自分から下着すら脱いで真っ裸になっていることもあるから、何をやってもばれない。可愛い顔をしてるくせに、いびきはうるさいし、民夫が動くのに出すかすかな音も扇風機の音がかき消してくれるという、やりたい放題のシチュエーションであった。
 民夫は夜目が利く、真っ裸にした亜矢の肢体を愛でるのには、カーテンから差し込む月明かりだけで十分すぎるほどだった。
 指でそっと乳頭を刺激して勃起させ、チュっと、乳頭を吸う。
「う……」
 寝息が乱れるたびに、刺激する手を休め。寝息が整うのを待つ。その繰り返しをしているうちに、股がゆっくりと開くので、尻の下にタオルを敷いて勃起した自分の亀頭をゆっくりと亜矢のオマンコへと持っていく。
 入れたい、入れてしまいたい。だが、濡れてもいないのに入れたら目覚めるかもしれないという恐怖がそれをさせない。どこまでも民夫は臆病だった。そっと手で外陰部を押し開き、亀頭を膣口に圧迫しないほど押し付け、手を離す。
「亜矢……」
 気づかれないほど小さい声で、民夫は亜矢の名前を呼ぶ。まるで挿入しているように見える、腰を密着させた姿勢で亜矢のオッパイをそっと舐めて、亜矢の呼吸にあわせて気がつかれぬように射精。

 ドピュドピュドピュ!

 あとは、手でゆっくりと時間をかけてオマンコ全体に自分の精液を塗りこんでおく。これでも、十分に妊娠の可能性はあるはずだし、民夫ができる精一杯のことであった。そんな行為を繰り返した、ある日の寝苦しい夏。ちょうど、民夫が調べている亜矢の生理周期では危険日まっただなか、真っ赤かのところである。やはり、排卵日で興奮したのか。「たかし……たかしぃきて!」といいつつ、民夫の精液が塗りこめてあるバイブで腰を深々と突きつつ、いってしまう。
 それを相変わらず、たかしって誰だよと思いながら観察していた民夫であったが、この日はいつもとは違うことが起こった。イッて満足してしまったのか、バイブを突き刺したまま眠ってしまったのだ。
 さすがに若いだけあって亜矢はなかなかのしまりのよさで、バイブを突き刺しながら眠ってもバイブが落ちることは無い。これはもしかすると、千載一遇のチャンスではないか。そう、期待をふくまらせた民夫は息を潜めつつ、亜矢が本格的に寝入るのを待った。
 いびきをかき始めてから、十五分。深い眠りにすでにはいっているはずである、電気がつけっぱなしだったので、そっと電気を消すと部屋は闇に覆われた。もちろん、夜目の利く民夫の目の前に、亜矢の肢体が見える。そっとバイブを引き抜くと、それはもともとの材質がやわらかかったのか、すっと静かに抜けた。亜矢の寝息は、乱れない。
「これならいけるかもしれない……」
 亜矢のオマンコは、さすがに自慰のあとでいつになく濡れ濡れだった。そっと、外陰部を押し開くと、指を差し入れてみる。クチュっと音がして静かに指を受け入れた。やはり、亜矢の寝息は乱れない。
 そーと、静かに勃起した自分の男根を、亜矢のオマンコへと差し入れる。なんという、襞の気持ちよさだろうか。擬似セックスでは味わえぬ、襞の気持ちよさが亀頭を、陰茎を、飲み込んでいく。そして、ついに最奥にまで亀頭の入り口が到達した。
「うっ……んっ……スースー」
 最奥まで入れたところで、亜矢の寝息が乱れたのには焦ったが、差し込んだまま身動きもとれずにじっとしていると、寝息がもどったので安心した。さて、気持ちは良いが進むことも戻ることもできない。もう、このままこの一体感を味わったまま……。
 民夫は、亜矢のおっぱいを見た。乳頭がビンビンに立ちっぱなしだ。このおっぱいから、乳が噴出す瞬間を民夫は思う。そして、亜矢の可愛らしい顔、唇。そっと、民夫は亜矢に口付けた。限界だった。

 ドピュドピュドピュドピュ!!

 亜矢の膣内で、民夫の射精がはじけた。子宮口へと、飲み込まれていく民夫の制止。あまりの快楽と衝撃で、ゆるく亜矢の腰を抑えながら民夫は小さく「うぉー亜矢」と叫んでしまった。亜矢もさすがに「うっうっ……」と唸ったが、幸いなことに目を覚まさなかった。
 そっと、引き抜くともれ出た精液を奇麗に処理して、またそこにバイブを突き刺すと民夫は夜の闇へと消えていった。完全にやりきったので、これで妊娠してもしなくても、亜矢のことはここまでにすることにしたのだ。

……後日……

 亜矢にとっては、幸せなことにというか不幸なことにといったほうがいいのか、妊娠が発覚し、彼氏のたかしくんとの結婚が決まった。その孕んだ子供が、どちらの子供なのかはわからない。ただ、たかしは自分の子供だと思い、民夫も自分の子供だと思っているというだけのことであろう。妊娠の事実を知った、民夫はいまではたかしと二人暮しになった新居の軒先に今日も潜み、お腹のふくらみが目立ち始めた亜矢を見つめている。自分が孕ませたのだから、一回でいいから亜矢の母乳を吸いたいと考えているのだ。亜矢の知らぬところで、民夫の陵辱は続く。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
「夜更けの侵入者」前編
 百地民夫(ももちたみお)は生まれついてのこそ泥であった。彼自身しらないことだが、甲賀流の流れをくむ忍者が彼の家系である。高度な運動神経と繊細にして大胆な反射神経をもっていたが、小太りで胴長短足という彼の体型のうえ、比類なき醜男だったので女にはまったくもてなかった。スポーツをやらせれば、いいところまでいくと思うのだが、それも見出されずまじめにこつこつとできるタイプでもないので、結局こそ泥にまで身を落していたのである。彼にとっては、そのこそ泥も美学がある商売であったが。

……夜……

 もちろん、事務所荒らしもやるが彼が専門にしているのは民家への侵入である。チャポチャポ……水音が聞こえる。民家の庭に侵入した民夫は、そっと風呂場を覗いている。「ふへへ……民家はこういう役得があるからやめられねえな」なかには、巨乳の女が入っていま、ちょうど股を洗い出した所だった。実は民夫は駅から付けてきたのだ。道で彼女のEカップはあろうという胸がぶるんぶるん震えているのをみて、たまらなくなってつけてきたのだ。コンビニでの買い物のなかみから、一人暮らしであろうことも大体推測している。「たまんねえな……」またぐらを覗き込んで熱心に洗っている女を見て、チンポを取り出して擦り始める民夫。
 だが、彼も仕事であるので頭の一方では「こんな庭付きに一人とは、金持ちだな」などとちゃんと考えてもいる。女が体を洗い終えたのでつまらなくなった民夫はすぐに、ベランダ口から室内に侵入した。まず、いつでも侵入できるように合鍵をつくらなくてはならない。鍵の置き場所を五秒で見つけた民夫は、パテのようなものですぐ型をとってポケットにしまった。一瞬である、この型で合鍵など簡単につくってしまえる器用さを彼は持っている。

 仕事を済ますと、また風呂場まで音を立てずにやってきた。まさに身のこなしは忍者そのものである。そこで脱ぎ散らしてある、脱ぎたてのパンティーを手にとってオナニーを再開した。パンティーにはちょうどオマンコが当たる部分に薄っすらと黄色い縦筋がある。若干湿っているように思えるそれを民夫は嘗め回し、吸った。胸が大きい娘すべてがそうだというわけではないが、パンツが汚い女は馬鹿が多い。自分がさっきまではいていた下着が壁一枚向こうで嬲られているというのに、それに気が付かずに鼻歌なんかを歌っている。そして、それを聞いてさらに興奮した民夫は大胆な行動にでる。

 こんどは、ブラジャーを嘗め回しながら、パンツのオマンコに当たる部分にチンポを突きたてて擦り始めたのだ。「うう……このシルクの感覚がなんともいえない」色の趣味は悪いが、いいパンツを使っている。きつい匂いを放つパンツとはちがい、ブラジャーは香水と女の匂いが交じり合ったとてもいい香りがする。壁一枚へだてて、オナニーするという興奮に、「うう……ああだめだ出る! おおお!」心の中で叫びながら、ちょうど黄色い縦じまめがけて射精する民夫であった。

「やばいかな……」シルクは水はじきがいいので、なかなか思うように精液を吸ってくれない。あまった精液は、歯ブラシになすくりつけてやった。脱ぎ捨ててあるものなので、たぶん気が付かないで洗濯してしまうだろう。万一、監視していて気が付いたようなそぶりをみせたら逃げればいいだけだ。外に出て風呂覗きを続行する。やがて、女が風呂を終えて出てきた。

「おおおお!」と、心の中で叫んだつもりが、おもわず小さく声がもれる。女は巨乳を揺らしながら出てくると、なんとさっと体をふいただけで脱ぎ捨てたパンツをまた履いたのだ。たしかに、一人暮らしの女だとパンツ二度履きする場合はある。だが、いま女が履いているパンツの秘部には民夫がさっき出したばかりの新鮮な精液がベトベトにくっついているのだ。よく身体をふき取らなかったから濡れてることに気がつかないのか。これで民夫の精液は、彼女と間接セックスを果したわけだ。「俺の子供を妊娠したりしてな……」唐突に歯磨きを始める彼女、ゆれる尻を見ながら見ず知らずの女の上と下の口に精液をいれてやった満足感に民夫は恍惚とした。

……昼……

 合鍵は簡単に作れた。昼間侵入してみると金はあっけないほど見つかった。封筒に札束が……民夫はこそ泥なのでたとえば十万あったとしたら一万だけ抜いておく。そうすると何かの勘違いだと思って気にしない場合が多いからだ。もっと危ない橋を渡ろうと思えば大もうけできるが、できるだけ相手の気がつかないうちに盗みを行うということが彼のこそ泥としての美学なのだ。

 さっそく家の中を家捜しする。もちろん、今後長い付き合いになりそうなので相手の情報を確保しておくのは当然のことだが、今回の場合は趣味も混ざっている。昨日のことから、相手が大分抜けてる女だと思った民夫は、隙あらばなにかイタズラしてやろうと思っていたのだ。幸い、別の場所でいくつか仕事も終えているので、今日はこのことに集中できる。伝票の類いを調べれば、相手がどういう生活をしているかどこに勤めているかなどすぐ分かる。「吉井亜矢ちゃんか……」残念なことに、OLではなく女子大生だった。OLなら、大体の帰宅時間が読めるのだが、学生となると生活パターンを読むのは難しい。幸い、この家は外れの一軒家で近所から見られる危険が少ないので、侵入中帰ってきたら二階から脱出することさえできる。そういう覚悟で物色を続ける。

 日記がでてきたが、酷い字でぐねぐねに書いてあるので読みづらい。ミミズがのたくったような字を必死に解読すると、彼氏持ちで生理周期も記録してあるらしい。まああんな緩い娘なら、安全日に中出しぐらいさせるのだろう。いっそのこと危険日に精子をいれて妊娠させてやりたいものだな。もちろん、強姦などは考えない。これでいて、民夫は気が小さいのだ。しかし、セックスだけが妊娠の危険とは限らないのだ。
 民夫は、いろいろな手をつかって主婦などを妊娠させた経験だってあるのだ。今回もいけそうな気がしてきた。さらにさぐっていくと、引き出しから小さいバイブがでてきた。「うへ、こいつはとんだ好きモンだな」さっそく嘗め回す。まだ味わったことのない、亜矢のあそこの味がする。「そうだ、こいつの表面に精液をぬたくっておいてやろう。」さっそく、脱衣所から拾ってきた汚れパンツでオナニーを開始する民夫。自分の精子付きバイブが、亜矢の濡れそぼった膣にぶち込まれることを考えるとすぐいけた

 ドピュドピピュ!!

 さて……あの馬鹿が気付くかな。あまり掛け過ぎはばれるので、余りは「お肌のデリケートゾーンに(オマンコのことだ)」と書いてある軟膏と混ぜてやった。長時間の侵入はやはり民夫といえど危険。そうそうに脱出することにした。

……夜……

 食事など必要なことをすませて帰ってくると、すでに亜矢は家に居た。さっそくベランダから覗くと、テレビを見ながらくつろいでいるらしい。「ちぇ、つまんねえな」などと愚痴をいいながら見てると、亜矢の様子がおかしい。どうも、股をさすっているように見える。「ふふ……どうやら疼いてるな」亜矢の生理周期表が間違っていなければ、今は危険日が近づいているはず。女のあそこは、妊娠の体勢が整うと疼くのだ。自然と、胸も張りがよくなり、潤滑油の出もよくなる。「あ……あ……」好きなタレントでも居たのか、最初はテレビを見ながらだったがだんだん上の空になってきている。女のオナニーを見続けてきた民夫が思うに、男と女のオナリ方はまったくちがう。男は目標がないといけないが、女は自分の快楽に埋没していけるのだ。それだけ女のオナニーのほうが、深く気持ちいい。「ああ……あ!」声が激しくなってきた。

「いくらなんでも、夜の一軒家とはいえ声がでか過ぎだろう」このままバイブも使わずに満足されてもつまらないなと思い始めていたら。亜矢が耐え兼ねたように立ち上がって二階へ……「きた!」さっそく二階のベランダに音も立てずに駆け上る民夫。これは普通のこそ泥にはできない芸当だ。なんと、亜矢の先回りまでするのだから。

 民夫が見つめる中、亜矢が部屋に入ってきた。心なしかなまめかましくみえる。息があらい、すぐに引き出しからバイブを取り出す亜矢。「あ、やばい」明らかにバイブが濡れている!しかも所々白いし……時間があるから精液も乾くと高をくくったのがいけなかった。「もはやこれまでか!」と脱出の覚悟をしたが、その次の瞬間。亜矢は、その怪しいバイブをおもむろに自分のオマンコに挿入した!

 民夫の頭を快楽の衝撃が走った。「普通あれを気がつかずにいれるかよ、く~亜矢ちゃん最高!」メガネこそかけてはいないが、もしかしたら亜矢は視力が少し悪いのかもしれない。それはともかくも精子の寿命は半日から一日程度といわれている。十分にまだ生きている民夫の精液が、亜矢の膣の奥深くへと深々と差し込まれたのだ。「あ、あ、あ!」激しく抜き差しを繰り返すバイブからは愛液が伝う。「たかし……たかしぃきて!」タレントの名前か好きな男の名前なのだろうか、名を叫びながらバイブの抜き差しをやめて限界まで深々と突き刺しバイブのスイッチをいれる亜矢。ブブブブブー。卑猥な音を出しながらバイブは激しく亜矢の膣を暴れ回り、程なくして亜矢も絶頂に達する。「あ、くる……くる! あーいく! いっちゃう!」乾燥の危機にさらされながらも生き残った民夫の強い精子は、肉襞から出るいやらしい愛液に助けられ亜矢の最奥へ! 子宮の奥底の卵子めがけて殺到したにちがいない! そう思うと、いとおしい亜矢が快楽に震えるすがたをみながら民夫も静かに絶頂に達した。もちろん、この精液も無駄にしないために容器に保存し、なるべく空気に触れない状態で保存しておくことは忘れない。民夫は亜矢を妊娠させようという悦楽に震えながらも、次のアタックチャンスのために冷徹に準備を整えるのであった。

 絶頂に達した亜矢は、しばらく静かに寝そべっていた。「いいぞ、そうやって安静にしていれば俺の子を妊娠するチャンスも広がるってもんだ」と民夫はほくそえむ。やがて、起き上がった亜矢はバイブを引き抜いてティッシュで濡れたあそこを拭いた。民夫がガッカリするのもつかのま、敏感な部分につかう軟膏を隠部に塗る亜矢をみて喜ぶ。もちろん、軟膏と交じり合っては精子が生きているとも思えないが自分の精液を塗りたくっているのだ、嬉しくないはずがない。
 見様によっては更に奥へ奥へと、自らの指で精液を押し込んでくれているようにも見える。そう思ってみると、なめかましい手付きは、やけに丁寧に軟膏を擦りいれているようにもみえる。「亜矢……そんなに俺の子供が妊娠したいのか」こいつは俺が必ず妊娠させてやる。民夫は決意を更に固めた。


プロフィール

ヤラナイカー

Author:ヤラナイカー
おかげさまでプロの小説書きになりました。ちょっと忙しくなるので更新遅くなってます。
(プロフの画像、ヤキソバパンツさんに提供してもらいました)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する