FC2ブログ
E小説(中出し・孕ませ・時間停止・催眠・環境変化など)
エロ小説のサイトですので18歳未満の方はお帰りください。傾向はマニア向け、作品中のほぼ100%中だし妊娠描写、付属性として時間停止・催眠・環境変化などです。
終章「変化する想い」
 繰り返し続くまぐあいの果てで、汐崎未央は懐妊した。

 大きくなるお腹を抱えた未央の隣には秋人が居る。
 もはや、未央が目隠しをすることもない。

 秋人は、未央に姿を見られることを許したのだろうか。
 それは、そうではなかったのだ。
 ある朝起きると、秋人は透視能力とテレポート能力を失っていた。
 そうして、その代わりにその身体を透明にする能力が付加されていた。
 だから、秋人は未央の隣に居続けることができる。
 失った力と、得た力。失ったものと、新しく得たもの。
 秋人は、変化した自分の能力に満足した。

――――

 そうして私は「根源からの能力は想いによって変化する」という一つの実証を得られて満足する。

 こんな昔話を、私は知っている。
 盲目の少女と、彼女に付き従う化け物のように醜い少年の物語。
 少年は、不思議の力を手に入れ、少女の目を癒すと同時に姿を消そうとした。
 自らの醜い姿を見られるのが忍びなかったのだ。たとえ優しい少女といえど、いやだからこそ少年は自らの姿を少女に見られたくなかった。
 少女はそれを悟り、消えないでくれと少年に懇願した。

 少年は去る代わりに、不思議の力で自らの身を透明人間にした。
 こうして、しばらく少女と少年は幸せに暮らした。

 ある日少女は、少年の姿を見たいと願った。
 それがどれほど醜く、おぞましい姿であったとしても、大丈夫だと思った。
 だからそっと少年に気づかれぬように、少女は覗き見た。
 化け物のように醜い少年の姿を。不思議の力を使って。

 そのあとで何が起こったのかは誰にも分からない。
 ただ、そこには二人の死体が転がっていて、手紙が一枚落ちていた。
 少女の字で「全てを焼いてください」と。

 二人の死体は、彼らがつかの間の幸せを暮らした家と共に焼かれ。
 あとには、何も残らなかった。

 バッドエンドか、ハッピーエンドか、それは聞く人が勝手に決めればいい。
 私はこの話を知っても、なんとも思わなかった。
 こんなありふれた昔話を、悲しいと思う情緒など、私には元から存在しない。

 人にあらざる力を行使したものの末路は、たいていが悲惨な結果に終わる。
 御影秋人の物語は、どういう結末に終わるのだろうか。
 データを取り終えた今になっては、もはや彼は用済み。
 彼の結末が、悲劇か、喜劇か、そんなことに、私は興味もないのだが――ただ。
 ありふれた悲劇を繰り返すだけが人の生涯なら、それは興ざめもいいところだ。

 ふうむ――

 川原にたった一人で座っているころの秋人に比べれば、未央と一緒に寄り添っている秋人のほうが幸せそうに見える。たとえ、彼の姿が彼女に映らないとしても――。
 だから、私は一つだけ祝福の言葉をかけてやろう。
 秋人『抗え』
 受けるべき報いが目の前にあるとしても、それでも共に生きることを望むならば、大事なものを失いたくないと願うならば、足掻け、足掻け、足掻け。
 それが敬虔な信者の祈りに似た、ただの徒労に終わるかもしれない愚かな努力であると知ってなお。
 それでも『運命に抗い続けるのだ』
 その先にしか、お前の望むものは手に入らないのだから。

――――

「どうしたんですか……」
 そんな未央の言葉に、秋人は我にかえったようにハッとした。
 握っている手の様子で判断するのだろうか。透明人間になった秋人の様子の変化を未央はまるで目に見えるように敏感に察知する。
「いや……そこで、誰か私を見ていたような気がしたんだが」
 金色の髪をした女の子が、淡い碧眼で秋人を見つめているような気がした。
「見ていたって、貴方の姿が見えるわけがないじゃないですか」
 そのとおりだ。秋人の身体は透明なのだから。
「そうなんだけど……あと声が聞こえたな」
「なんていってたんですか」
 未央は面白い冗談に返すように、戯れに聞き返す。
「えっと、運命に抗えって、言っていたよ」
「抗え……不思議な話ですね」
 やはり冗談と受け止めたのか、未央は軽く笑った。

 身重の未央の身体を気遣うように支えて、川原の土手を登っていきながら、秋人は振り返って少女が見えた虚空に一言、声を返す。
「わかっているよ」
 そこには誰も居ないはずなのに、秋人の耳にはちゃんと返答が帰ってきた。

「わかっているならば――善い」


「視姦者の穴」完結 著作ヤラナイカー
スポンサーサイト
[PR]

第十二章「肉の誘い」
「ちゃんと、飲んでくださいね」
「んっ……くっ……」
 喉を鳴らす未央。
 また、今日も秋人は未央の口の中に射精したのだ。
 未央の始めてを奪ったあの日から、一週間。手で触れて馴染ませることはしても、未央の股を秋人の精液が汚すことはない。
 初めてを終えて、気持ち的に満足してしまったということはある。
 だが、それ以上に滾るものを感じるのだが、その滾りは未央の口に放つ。

 処女膜を破ったあとは、無理はしないほうがいい。
 別に秋人が、そう気遣ったわけでもないのだ。仮にやりすぎて未央の股が擦り切れて、痛みに泣いてもそれを強行するだけの力をいまの秋人は持っていた。
 だがしない。

「今日は、ここまでにしましょうか」
「あの……」
「どうしました」
 未央は起き上がってきて、秋人の腕を躊躇なく掴むようにする。身体を重ねたあの日から、遠慮というものが少なくなってきた。そう秋人が未央の行動に急なものを感じても、それは不快な感覚ではない。
 馴染むということだと思っている。
「今日も……その下のほうにはないんですか」
「ああ、えっと……とりあえず一回入れておけばその必要はないので」
 なぜ未央はそんなことを言うのだろう。秋人は、未央の意図が計りかねて、ブツブツとそんなことを小声で呟く。
「それでもその……不安なので、もう自分で慰めるのはいいのですよね」
「それはもちろんです。天使の種が既に入っているのだから、いまのところ……異変もないでしょう。心配はいりませんから、とにかく今日はここまでです」
 秋人は、未央の手を腕からはずすようにして慌てて立ち上がる。終了の合図だ。
「はい……あのお礼を」
「お礼は、しばらく必要ありません」
 秋人はなにかに急かれるようにして、服を着て外へと飛び出した。

(未央のほうから、誘っているのか……)
 いまの未央の行動はそう思えた。行為自体は、嫌がっていると思ったのに。
 未央の中に、これまで感じたことのない生き物の熱を感じて、それにビックリして秋人は飛び出してきてしまったのだ。

     ***

 未央は、ベットの上でしばらく目隠しをしたままで寝そべっていた。
 口の中に、聖水の粘つきが残っていたが、それすらいまの未央には不快なものではなくて、口の中でいつまでもそれを舌で遊ばせるようにしていた。
 やがて、手が自然に股間へと伸びて、未央を振るわせる。
 一定のリズムが徐々に早まっていて、未央の中で破裂する。
 股間の奥がキュッとすぼまるような感覚。
 あっという間に、未央は満足して目をつぶる。
 こうやって眠れば未央は、きっとまた、天使の夢を見るに違いない。その光に包まれた天使の姿は、どこかで見たことのあるような男の姿をしていた。

     ***

「奇遇ですね」
 秋人がまた、川原のいつもの場所に座っていると、上から聞き覚えのある声がした。
 未央だ。別に驚きはしない。
 わざわざ未央に会うために来たわけではなかったが、ここは彼女が外出する際の通り道。ここに居ればもしかしたらとは、思っていたのだ。
「ええ……」
 そういいながら、秋人の視線は振り向かずに川を見ている。緩やかに孤を描いて流れていく水面に、未央の影を映して見つめていた。
「なにか、見えるんですか」
 声が近くなった、たぶん未央は後ろに居る。振り向かずに、秋人が川を見ているからそう聞いたのだろう。
「そうですね……何が見えるんだろうな」
 秋人は、本当に大事なものは目には見えないという話をしたかったのだが、言葉にならなかった。
 川辺に未央の姿を見たとしても、どれほど鮮明に鏡のように姿を映し見たところで、その心までは映らないのだから。
「川が好きなんですね」
「そうですね、嫌いなら来ないだろうな」
 秋人は、声のトーンを祓魔師の時とは変えている。ここまできて、ばれたくない自分の往生際の悪さに苦笑する。本当に、安全を期すならこんな場所にこなければいいのに。
 結局、秋人の心は罪悪感とのハザマで揺れているのだ。
 川に写る大きな未央の影をゆっくりと、小さい水草が流れていった。
 秋人の、すぐ後ろに未央は居る。
「あの……おにぎり食べますか」
 そういいながら、水面に移る未央は、秋人にコンビニの袋から差し出す。
「いいんですか……遠慮なくもらいますよ」
 さすがに、秋人は振り返って手を伸ばして受け取る。一瞬受け渡しに、手と手が触れ合う。それが、秋人には重い。
「いっつもね、少ないとお店に悪いと思っておにぎり二つ買うんですけど、残しちゃうんですよ。だから一つ食べてもらうとちょうどいいんです」
 相変わらず変わった娘だなと、秋人は思う。
 なんで買うのが少ないと悪いのだ。よく分からない感覚だが、未央らしくはある。
 普通の人には分からないこだわりを抱いて、人を避けるようにして生きているのが未央という女性なのだ。
 それが、秋人が好きな未央なのだから。

 秋人は手で弄ぶようにおにぎりを解体、作り上げながら聞く。
「いまは、川を見ても死にたいとは思わないですか」
 別に聞くともなく聞いただけなのだが、未央が好きそうな話題だから。
「あはっ……前にそんなこと言ってましたね」
 そういって、楽しそうに笑う。あいかわらず化粧けのない白い頬に、ぱっと頬に紅がさしたように、表情が明るくなった。
「いい顔ですね……」
「いまは生きることしか、考えていませんから」
 そういう未央の磨いたガラスのような瞳に、瞬間赤い光のきらめきが見えた。
「それは、いいことだ。ごちそうさまでした」
 おにぎりを一口に飲み込んで、ごみを手の中に握り締める。
 立ち上がっていってしまいそうな秋人に声をかけた。
「あなたも、がんばってくださいね」
 やはり、未央が秋人に声をかけるのは同情なのだろうか。
「ええ、がんばりますとも」
 励まされるとはな、未央を騙している秋人が。なんとも複雑な気持ちのまま、それでも未央と話すたびに、秋人の心の迷いは消えていくのだ。

     ***

 目隠しの下の未央は笑顔であった。
 おや、今日は少し雰囲気が違うなと秋人は感じた。
 それは、秋人もまたそろそろ未央を本当に抱こうかという気持ちで来ているから、ただその変化を重ねて見ているだけかもしれないが。
 いつにも増して未央の物腰はゆったりとしていて、柔和に見えた。
 あまりものを食べない未央の腰はほっそりと痩せている。
 それでも、今日裸に剥いた未央の腰つきに、いつもの青白さはなくて、指で梳くように触れると血が通った滑りのようなものが感じられた。
「今日は赤ちゃんができやすい日なんですよ」
 そうかと、秋人は納得できた。
 別に秋人は、未央の生理周期を知っているわけではない。調べる気もなかった。そういうのは自然に、できるならできるに任せるべきだと漠然と考えていた。
 それでも未央は、この成人しても少女らしい形を残したような女は、ちゃんと自分の日を調べていて覚悟を決めていたのだ。
 臆病な秋人などよりも、それは強い覚悟。
「それじゃあ、天使の種を入れましょう……でもいいのですか」
「おそかれはやかれですから」
 未央はそういうだけで、俯いて多くは言わなかった。
 少し常識からずれている女ではあっても、恥ずかしいという思いはあるのだろう。

 秋人から押し倒したという形ではあっても、官能的な未央の手つきに誘われるようだった。
 触れれば、吸い寄せられるような肌。強い引力を持って、秋人の身体が引き寄せられていく。
 気がつけば、秋人はなにかに急きたてられたように荒い息を吐いて、未央の首筋にむしゃぶりついていた。
 乱暴な手つきで、未央の身体を蹂躙していく。
 臆病で、引っ込み思案な秋人らしくない、猛りのようなもの。
 それはたぶん、未央の身体から出て、秋人を介して、未央にまた戻っていくのだ。
 興奮して、未央の全身を舐るように味わいながら、どこか冷静な部分で秋人はそう感じていた。
 それにしても、味わっても味わっても、味わいつくせぬ未央の味はどうだろう。
 痩せた肩、ほっそりとした未央の腰、ぺっこりとした未央のお腹に触れていて、どうしてこんなにも暖かいのだろうと秋人は感じる。
 身長と体重を考えれば、巨漢の秋人の半分にも満たない身体でどうやって秋人を包み込めるというのだろう。
 不思議だった、未央の胸の中で秋人がこんなにも憩えるということが。
 未央が腕を開いて、秋人を抱こうとして抱けてしまえるのだ。どうして秋人は、こんなにも安らげるのだろうか。

 股を押し上げて未央に挿入しようというとき、いつも秋人には躊躇があった。
 犯してはならないものを犯しているという気持ちが。
 それを今日は感じない、気がついたときには既に未央を蹂躙していた。
 滾る力は未央を通してまた、秋人に戻っていくようだった。
 未央のほっそりとした腰は、生き生きとした温かさを感じさせて。
 その豊かな胸を、手で弄ぶこともできる。
 外側から力を加えるたびに、未央の身体はまるで楽器のように鳴った。
 そういう旋律とリズムが、しっかりと呼応している。
 言葉はもう必要なく、一切の疲れを感じることなく。
 未央の体内に、一番奥に秋人は精を放った。

 ドクッドクッドクッ。

 その繰り返し。一度放っても、秋人の逸物は萎えることもなく未央を攻め立てる。
 さらに奥へ、さらに奥へと。
 また滾るままに、精をほとばしらせる。

 ドクッドクッドクッ。

 逸物が、精を未央に放つ様は、心臓が脈打つのに似ていた。
 身体中がドクドクと鼓動して、それが生殖器を通してつながっているのだ。
 秋人は、未央と命がつながっていると分かった。
 そうして初めて、生きていることを、本当に自分が生きていることを秋人は知る。

 何度か精を放出してしまって、組み敷いている未央が自分の下で、熱い息を吐き出しながら何事かを呟いている。
「これで……」
 辛うじて聞き取れた声。
「ああ、そうだね」
 秋人は、そう返すしかなかった。

 未央を綺麗にしてやり、居住まいを正して出て行こうとする中で、なんだろうなと秋人は自分の行為を振り返って不思議に思っていた。
 まるで、ただセックスをしただけではないかと。
 騙しているとか、儀式めいたこととか、そういうものではなくて、ただ身体を触れ合わせただけではないか。
 恋人同士のように。
 まさかと思うのだが、しこりのように胸を痛めつけていた不安感の一切が消えていることに、秋人は気がつかざるを得なかった。

「これで、何がどうなるというのだろうか」
 そう呟いた秋人の声は、不安ではなくて期待を滲ませていた。


プロフィール

ヤラナイカー

Author:ヤラナイカー
おかげさまでプロの小説書きになりました。ちょっと忙しくなるので更新遅くなってます。
(プロフの画像、ヤキソバパンツさんに提供してもらいました)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する