FC2ブログ
E小説(中出し・孕ませ・時間停止・催眠・環境変化など)
エロ小説のサイトですので18歳未満の方はお帰りください。傾向はマニア向け、作品中のほぼ100%中だし妊娠描写、付属性として時間停止・催眠・環境変化などです。
第十七章「ツバメの懐妊」
 今日も、今日とて、マサキは夜に鳥取ツバメを性的マッサージ。
「あっあああ……ちょっとまって、また中に出すつもり?」
「うん、出すからちゃんと受け止めてね」
 十分に濡れそぼったツバメのオマンコの最奥にまで勃起した亀頭を差込んで、子宮めがけて、めいいっぱいに射精する。

 ドピュドピュドピュドピュドピュドピュ!

 もちろん生中出しなのでピュルピュルと子宮口に殺到して、ツバメのお腹の中をマサキの黄みがかった精液が徹底的に汚しつくしていく。
「んっ……んっ……だしたのね……あーあ」
 ツバメは、中に射精された余韻に浸っている。マサキは鼻息荒く、また覆いかぶさってツバメの豊かな胸を揉む。もうツバメを犯し初めてから二ヶ月近くになるのだ、まるで長いこと付き合ったカップルのように、マサキのモノを優しく受け止めるようになっている。しっくりいっているのだ。
「ちょっと……待ってってば、激しすぎるから、せめて休憩させて」
「うん、分かったよ……」
 マサキの若い精力はとどまるところを知らないが、今日はツバメのほうが先に音をあげたようだ。ニュプっと、マサキが抜くと、ツバメの膣からはドロリと精液がこぼれてくる。
「あんた何回中に出すつもりなのよ、まったく」
「だって……今週はツバメちゃんの中出し強化週間だからね」
 そういって、ツバメの乳房をつかむ乳頭を吸うマサキ。それを見下ろして、ツバメはため息をつく。
「そんなに吸ったって、おっぱいなんか出ないんだからね」
「おっぱいが出るようにがんばってるんだけどなあ……」
「やめてよ……これはマッサージだから妊娠しないんだよね!」
「ああ、もちろんだよ」
 マッサージだから妊娠しないと前に暗示をかけたのを信じているツバメである。面白いのでそのままにしてある。
「そういや、義姉さんやっぱり妊娠だって」
「ふーん」
 鶴奈は、つわりが酷いので、産婦人科にいって調べてもらったそうだ。先月の生理が来てないといってたから、もうほぼ確定ではあったんだろうが。それで今日嬉しそうにしてたのかと納得する。
「赤ちゃんか、ヒナにも弟か妹ができるんだね」
 心なしか、ツバメも嬉しそうだ。ぼくの子だとかいったら、どうなるのかとマサキは思う。まあ普通に殴られると思うので、言わないが。
「ツバメちゃんも赤ちゃんほしい?」
「馬鹿じゃないの! 私は、まだ中学生よ……それにいい相手もいないからね」
 ぼくがいるじゃないか、とマサキがここでいうと殴られるわけである。ここ最近のマサキの対ツバメちゃん学習の成果は見事だ。
「そうだねえ……あはは」
「でも、義姉さんがちょっとうらやましいな、鷹郷兄さんの子供ならほしいかも~」
 そういって、笑うツバメ。おいおい。
「えーそれ近親相姦じゃん!」
「馬鹿冗談よ。それ以前の問題として、幸せな家庭を壊す趣味は私にはありません」
 微妙に冗談に聞こえないのが怖い。鷹郷、好かれてるな。鶴奈を取ってしまって少し罪悪感があったのだが、いっぺんに吹き飛んだ。やはりイケメン死すべしと意志を硬くするマサキである。
「じゃあ、今日はもっとがんばっちゃうよ、ツバメちゃん子供欲しいらしいしー」
「馬鹿、私がいつそんなこといった、何時何分何秒?」
 子供かと。ツバメがそんな変なことを言われて顔を赤くしても、本気で怒れないのは、マッサージという名目で抱き合っていて、勘違いされかねない格好であるからだ。勘違いもなにも、思いっきり身体を重ねて、中だしを二発くらってるのだが、それは普通のことだと思い込まされている。

(ツバメちゃんが、ぼくの子供を産みたいと思ってくれたらなあ)
 マサキは、そんなことを考えてみる。ここまで、状況を錯覚させることはしてきたがツバメの思いには手を触れていない。今のマサキの実力なら、ツバメの心をねじ伏せて屈服させてしまうことも可能。
 だが、それではあまりにも趣がないではないか。催眠の力で意志をねじ伏せる、それでは人形になってしまう。そうなってしまった、佐藤理沙を思い、マサキの胸は小さく痛む。ツバメは、今のままのツバメがいい。

「ううん、強く抱きすぎ……」
 ツバメは、そうやって顔をしかめる。どうやら、そんなことを考えていたら強く抱きしめすぎたみたいだった。
「ああ、ごめん……」
 手にこもった少し力を緩めて、マサキはツバメの豊かな胸を吸う。何度味わっても、味わいつくせない。清潔なシーツの上に、ポヨンと乗ったツバメの胸の柔らかさそしてその重みは、心地がよいものだった。
「はあ、あんた胸好きだよね。男子ってみんなそうなのかしら」
「さあ、知らないけど。ぼくは好きだよツバメちゃんのおっぱい。こうやって吸ってると幸せの味がする」
「な……なんて馬鹿な。はぁ……、なんでこんなことさせてるんだろ」
「マッサージだからいいんでしょ」
「そうね……そうだったわね」
 その言葉を、聴くとツバメの不信感がぬぐわれ、ツバメはマサキにやさしくなる。ツバメはそっと、マサキの頭をなでてやった。
「来年の春ごろには、鶴奈さんの赤ちゃん生まれてくるのよね……こんな感じなのかな赤ちゃんって」
「欲しいの、赤ちゃん?」
「……ちょっと、いいなって思っただけ」
 同じ会話の繰り返しになるので、嫌だったのだろう。ツバメは口をつぐんでしまった。それでも、やさしげな顔になっているツバメはいいなとマサキは思うのだった。
「今日は、このまま挿入したままで、朝まで一緒に寝るからね」
「マッサージなんでしょ……もう、勝手にすればいいわ」
「うう、出そう……出るよ!」

 ドピュドピュドピュドピュドピュドピュ!

 マサキの努力のかいもあって、この日ツバメは受精する。まさか、その羨ましがった鶴奈と一緒の父親の赤子を、その日に身ごもることになるとは、このとき思ってもいなかったツバメだった。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!



プロフィール

ヤラナイカー

Author:ヤラナイカー
おかげさまでプロの小説書きになりました。ちょっと忙しくなるので更新遅くなってます。
(プロフの画像、ヤキソバパンツさんに提供してもらいました)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する