FC2ブログ
E小説(中出し・孕ませ・時間停止・催眠・環境変化など)
エロ小説のサイトですので18歳未満の方はお帰りください。傾向はマニア向け、作品中のほぼ100%中だし妊娠描写、付属性として時間停止・催眠・環境変化などです。
標的一「佐伯麻衣子二十二歳」
標的一「佐伯麻衣子二十二歳」

 一瞬の射精のために狡猾な罠を張って闇に潜み時を待つ。人が呼んでくれないので、私は自分をストーカースナイパーと呼んでいる。今日のターゲットは、佐伯麻衣子二十二歳。私が、高校時代憧れ続けたお嬢様である。お嬢様大学で適当に遊んだ彼女は、大学卒業と共に資産家の息子と結婚する。処女ではないが、大学時代との彼氏とはコンドームをつけてしか性交したことはない。生は一度もないのだ。明日の結婚初夜で彼女は始めての中出しセックスを経験することになるだろう。そして、ちょうど今日が危険日にあたる。
 実家暮らしのため、ガードが固く今日まで手をつけられずにすごしてしまったが、今日が勝負だ。一階では、麻衣子が父と「お世話になりました」などとお涙頂戴の家族ドラマをやっている。その間に、私は二階に潜んで彼女の枕元の水差しに今日も薬を入れる。
「あー、この家とも今日で最後か」風呂上りの麻衣子が部屋に入ってきた。部屋は、荷物もすでに新居へと運ばれて奇麗に片付いている。
「明日は式だから、早く寝るかなあ」そういって寝てしまった。おい……私は落胆した。今日も水差しの水を飲んでくれないのか、今日しかチャンスがないというのに。しょうがなく、私は賭けに出ることにした。部屋の暖房をかけたのだ。秋口とはいえ、まだ暑いなか暖房をかければ寝苦しくなって……待つこと二時間。

 トイレに起きた麻衣子が、水差しの水を飲んだ!よし!

 水に混ぜてある薬は、二種類の効果がある。即効性の催眠剤で、少なくとも三十分間は意識を失わせる効果がある。そして、危険日に駄目押しの排卵剤である。口から入った排卵剤は、確実に今夜彼女の卵巣から子宮へと卵子を押し出すはずだ。そこに、精子が入れば。

 トイレにいったあとの麻衣子は、すっとまたベットにもぐりこむ。いつもは健やかなはずの麻衣子の寝息が荒い、催眠剤が効いている証拠だ。そっと、闇の中彼女の前ににじり寄る。月明かりに、彼女の美しい顔が映える。明かりをつけるわけにはいかないのが、おしいほどだ。そっと、彼女のネグリジェを脱がせる。寝るときに下着はつけない主義なので、生まれたままの彼女が目の前にある。時間は短い、それでも彼女の美しい唇を吸って、その意外にも豊満な胸を吸って……濡れてない彼女の膣を舌で湿らせて、満干の思いをかけて、自分の愚息を突き入れる。何度彼女の写真でオナったことだろう。「ああ、麻衣子。愛してる、いつか君を妊娠させたいとおもっていたけど、夢が叶ったよ。いい子を産んでくれ」そっと、彼女の頭をさする。まるで、自分の可愛い娘を抱くように。
 自分はスナイパーだ、射精はすごく早い。彼女の中にいれたまま続けて三回

 ドピュドピュドピュ!とあふれんばかりに注ぎいれてしまう。

 一週間も我慢したんだから当たり前といえる。当然ごぼごぼと下にこぼれるがタオルが引いてあるので問題ない。証拠は残すわけにはいかないのだ。彼女の膣の中もこぼれてこないように奇麗にふき取ると、クスコで子宮口をあけて子宮口のところに栓をしてしまう。
 最近は手術に自然に解けてしまう、蟹の殻を素材につかった針などがあるが、これもその応用で、何日かすると自然に解けてしまう。彼女と結婚する資産家の息子は、麻衣子を妊娠させようと必死に注ぎ込むだろうが、この栓がある限り彼女の中に汚らしい精液が入り込む余地はない。彼女の子袋の中には、私の子ダネだけが入るのだ。名残惜しいが、三十分はあっというまだ。さっと、ネグリジェを元に戻して、もう一度だけキスをして全てを片付けて去る。あとから、麻衣子の部屋にある隠しカメラで確認したが、何事もなかったかのように、麻衣子はこの家から出て行った。

 そして約一年後、麻衣子には可愛い女の子が生まれた。旦那と私の血液型は一緒なので、どっちの子供か推測することはできない。旦那が、自らの子かどうか疑って遺伝子検査などをすることもないだろうから、どっちかは永遠にわからないままである。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!



プロフィール

ヤラナイカー

Author:ヤラナイカー
おかげさまでプロの小説書きになりました。ちょっと忙しくなるので更新遅くなってます。
(プロフの画像、ヤキソバパンツさんに提供してもらいました)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する