FC2ブログ
E小説(中出し・孕ませ・時間停止・催眠・環境変化など)
エロ小説のサイトですので18歳未満の方はお帰りください。傾向はマニア向け、作品中のほぼ100%中だし妊娠描写、付属性として時間停止・催眠・環境変化などです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幽体離脱体験記3
また別パターン、今度は夢の中で夢を自覚して自由行動のお話です
(エロ要素、ほどほどにあり。資料的な意味でそれ以外の部分も書くので読み飛ばして)

 土台は早朝簡単に夢日記を書くようになったのと、引き金になったのは、夕飯に食べた広島特産の牡蠣だと思われる。夜に脳髄の中に風が吹き渡るような爽やかなインスピレーションがあったので少し小説を書いていた。関係ないけれど、牡蠣は性欲と体力の増進にはいい効果をもたらす。

 叔父と博多に向かう新幹線の乗り換えで、亀山という地名の駅で降りる。
 (注:山陽にそんな駅は実在しません)
 叔父の知り合いという、駅に隣接する小さな店で食事を取る。
「あいかわらず、流行らない店だなあ……」
 小さい店にもかかわらず、なぜかカラオケセットが。店主が、カラオケ好きでセミプロの演歌歌手を呼んだりするために、設置してあるらしい。
「あれ除けば、もう一席作れるのにね」
 叔父と山陰の戦国武将尼子経久の話をする。お互いに歴史好きなので、経久といえば五年前ぐらいの大河ドラマで緒方拳が好演していた。それに触発されて経久関連の本がたくさん出版されたので、そのあたりのマニアックトークを延々と……割愛。
 気がつくと、客がぼくらしかいないのに地元のマスコミの取材が来ていた。たぶんNHKの午後の番組だと思う。牡蠣フライ弁当を取材したいとか、小さい店だけどこういう場所に入るには値段もそこそこに安いし、取材を受けて流行るようになるかもしれない。ぼくらは牡蠣じゃなくて、ラーメンを食べてたんだけどね(注:ラーメンもリアルで夕食に食べました)
「客くるかもしれないから、多めに牡蠣を受注しておいたほうがいいよ」
「牡蠣なら、今年もたくさん取れたからいくらでも作れるよ」
 そんなことを店主と言い合って店を出る、見ているとその店に客がゾロゾロと入っていく。マスコミの効果の速攻性には恐れ入る。
 それをぼけっと見てると、叔父が先にいってしまう。
「ちょっとwww叔父www」
 踏切が降りて、電車が行き交う中、叔父はそこにある特急に乗り込んでしまう。
 本気でおいていくつもりかよ……。
 踏み切りがあがったので、あわてて走って乗り込もうとするが扉が閉められて本当に行ってしまう。なんだ、この仕打ちは。旧式の特急は、乱暴なのか。発車の衝撃と風で吹き飛ばされそうになったので、壁に下がって身体をすくめる。

 ホームで呆然と立ち尽くす。信じられないな、まったく。自分ひとりならともかく、叔父のようなしっかりした人と一緒に旅にでると、電車の時刻とかまかせっきりにしてしまうので、見知らぬ駅に一人っきりというわけだ。携帯をチェックしても連絡はない、これはだめだな。
 とりあえず、次の新幹線に乗ってみることにする。
 新幹線に乗り込んで、途方にくれていると子供連れのお母さんに話しかけられた。一緒に広島まで行かないかといわれる。なんかおかしな話だけど、むしろ泊まっていけと。
(リアルで娘がいる人妻に口説かれまして、その影響が出たのかもしれないな……)
 いや、ぼくは目的地博多なんだけど、可愛らしい子供たちは妙に懐いてくるし、もう広島に一泊してもいいかなという気分になる。洋服とか、荷物なにも持ってないんだけどこれは夢だし、なんとかなるだろうと思考。

――これは夢だし!

 ここで、夢であることに初めて気がついた。夢には現実よりもリアルに迫ってくる内容がある反面、現実にはありえない様々な矛盾点が多くある。そこに気がつけば、夢だと気がついてうまく行動できると思う。
 これは、夢なんだから陵辱OKだろう。むしろ、うちの読者もそれを望んでいるはずだ!
 目の前は、見るからに人のよさそうなお母さんと可愛らしい子供が四人。人妻も、可愛い女の子もいますけど、若いというよりむしろ幼い、倫理的というか自分的に無理、話したりしてるうちに情が移ったからやっぱ無理……へたれですいません。
 ここでやる勇気もないし、めぼしい乗客もいないので後ろの車両に行くことにしよう。夢だと分かれば、身体が浮き上がるようにスッーと移動することもできるし、夢であることを確認するために、壁抜けで移動してみた。
 この壁抜けの感覚は、一度やってみると癖になる気持ちよさですよ。

 どうやらこの車両が最後尾のようだ、めぼしい乗客がいないので最後尾までいってしまう。ちょっとドキュンっぽいが、そこそこの容姿の茶髪のお姉さんがいたのでここで妥協しておくことにする。
 ちょっと、上着を胸元から押し下げて覗いてみたりした。うあー、また貧乳の方ですね。ぼくの夢の製造責任者どうなってんだろ、それとも深層心理的に貧乳を望んでいるのか。
 ものすごく目つきがキツイお姉さんなんだけども、夢だし大丈夫だろうと思ってペッティング開始。やっぱ感触リアル。お姉さんも周りの乗客も何も言わないし。
 そんなことをしているうちに、世界がぼやけ初めていることに気がついた。やばい、これは夢が解け始めているのか。貧乳にそんなに執着心なかったし、ペッティングしている場合ではないので、止めてくるっと回転して飛び回る。世界がぼやけているはずなのに、なぜか車窓から見る瀬戸内海の海原は鮮やかだった。
 ここは危険だ、なぜか危険な気がする。早くこの車両から出ないと、そうしているうちに車両の連結部分が暗転し黒い壁になってしまう。ここから出さないで終わらせるつもりか。
 ここから、全力で抵抗してみました。夢が解けそうなときに、人を食べるとエネルギーを充填できるらしい。食べる……よくわからないけど、まだ自分のまわりには乗客がたくさんいるのでそれらを自分に吸い込むことにした。
 すると、不思議なことに暗転した世界に徐々に色が戻っていく。チャンスとばかりに車両から出る、そしてやはり乗客の力を吸い寄せながら今度は前の車両まで行く。
「もっと、エロネタを……このままでは話として弱い!」
 一番前まで、飛ぶように駆けていき、乗客を見比べる。
「よし、この着物のお姉さん」
 紺の着物を着たお姉さんが前のほうに腰掛けていた。着物は地味目だが容姿は若いし笑顔が素晴らしい。タレントでいうと優香にちょっと似てる。別に優香が好きなわけじゃないけどね、最近見ないし。むしろこのお姉さんのほうが好みだね、薄化粧が清楚な印象をより引き立てていて、好ましく思える。
 まあ、そんなことはどうでもいい。とにかく剥こう。
「って……着物剥きづらすぎ」
 なんとか、帯を解こう右往左往しているうちに、逆に帯がきつくなってしまった。これどういう結び方になってるんだろう。お姉さんは苦しいだろうに、笑顔のまま。乗客は無抵抗な設定なんだろうね。
 とにかく、座席を一杯に倒して、なんとか股を広げた。着物の下には下着の線が出ないようにつけないというが、本当に下着を履いてなかった。
 これは好都合、薄っすらとした地毛の下に、ちゃんと女性器がついてますよ。二十歳前半ぐらいなので、処女であるわけもないが、使い込んでないと見えてビラビラはそんなに広がっていない。
 胸はそんなに大きくないけれど(一度、うちの夢製造責任者と巨乳の重要性について話し合いたい)このシチュエーションはなかなかいいよ。
 さっき解けかけたし時間はそんなにないはずだ。指を唾液で湿らせて、中に入れてみる。うむ……温かい。多少湿り気もある。
 指でちょっといじくって、舌でクンニ。にじみ出るような愛液は薄味のほうだね。太ももから足にかけて、ラインも肌綺麗だね。肌のきめ細やかさと、味の薄さは関係があるのかないのか。夢でそんなこといってもしょうがないんだけど、そんなことを考えながら、出来る状態まで持っていく。
 さあ入れようというわけで、パンツとインナーを脱いで自分のワイルドワイバーンを準備完了の状態に持っていく、立ちがいまいち悪い気がするが生挿入だしいけるだろう。
 擦り付けるようにして、挿入していく。ちなみに、自分のワイバーンはリアルとまったく一緒に見えました。倒した椅子の上ってちょっと無理な体勢なので、入れにくいけどまあなんとか入ってぎこちないピストンをしていく。
 中はしっとりしていて、心地は良いのだけど……どうも性感がもりあがってこない。お姉さんは笑顔を貼り付けたままで固まってるし、いまいちだな。反応してくれると、もっと興奮できると思うんだが、中折れするほどではないけど立ちの悪さに苦慮しつつピストンを繰り返し続けるうちに、夢の世界の終焉が周りを包み込み

――はい、時間終了。

「出してないのにーーー」

 出してないけれども、それほど強い性欲を感じたわけでもないので、不満でもなかった。ペッティングでそこそこに満足してしまったときみたいな感覚。こっからさきエロはありません。
 気がつくと、自宅のベットに横たわっていた。暗闇の中で、豆球がついてるような暗さ。実際は日があがってから二度寝しているので、ここもまだ夢の中なんですけどね。なんとか、さっきの世界に戻れないかと寝返りを打ってみるがうまくいかない。
 ふっと、足を上げると。これはなんだ……
 まるで、水面に映った像が波紋で震えるみたいに、足がブルブルと震えている。そのように見えたというわけではなくて、足を実際に上げた感覚があったのでリアル。とにかく、自分の足が細くなってブルブルとS字型に曲がっている。
 夢の世界、特に幽体離脱的な自分の意思である程度自由に動ける世界にいるにはそれなりの夢のエネルギーが必要なのではないか、そしていまここにいる自分はエネルギーが切れたのではないか。
 そう感じると、夢に戻るのは無理な気がして、諦めて本当に目が覚めかけてベットでウダウダしている状態に階段をあがるように覚醒して、たまたま携帯のメールの着信音が鳴り響いて、完全に覚醒しました。
 そして、いまこれを寝床で書いているというわけです。以上、報告終わり。

付記:夢の世界においても、自分の考え方に行動を制される不自由さを感じた。作家はイマジネーションの化け物だから、創作の世界では登場人物に自分の倫理観に反する悪行を行わせることも、自分の趣味でない性癖で興奮させることもできる。しかし、現実の世界で人間の限界を決めるのは、その世界の物理法則ではなく個人の倫理観や性癖、考え方という思考の枠である。夢の世界でも、あくまでも夢にいるのは自分自身には変わりなく、その制限の枠は超えられないと見るべきではないだろうか。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!



プロフィール

ヤラナイカー

Author:ヤラナイカー
おかげさまでプロの小説書きになりました。ちょっと忙しくなるので更新遅くなってます。
(プロフの画像、ヤキソバパンツさんに提供してもらいました)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。